めいしに関する豆知識【名刺交換のマナー】

名刺交換は全てのビジネスにおいてビジネススタートの大切なシーン。せっかく素敵な名刺を作っても名刺交換がスマートでないとマイナスイメージを与えてしまいます。相手に好印象を与え、ビジネスを成功させるために正しい名刺交換のマナーを紹介します。名刺と共にあなたのビジネスにお役立てください。
名刺を差し出すときは…
名刺交換は必ず双方共に立って行います。もし座っていても必ず立って行いましょう。
名刺はすぐに取り出せるように名刺入れは胸ポケットに入れておくと良いでしょう。当然お渡しする名刺が汚れていたり折れ目がついていたりすると相手に失礼になります。
目下の人から先に差し出します。訪問先の場合は相手よりも先に名刺を差し出します。丁寧にお辞儀をし、会社名と名前を名乗りながら差し出します。このときお辞儀をしながら差し出すのはよくありません。
複数で名刺交換を行う場合も順番は同じです。目下の人から先に名刺を差し出します。例えば、あなたが上司と一緒に先方を訪問した場合、まず上司と相手が交換した後であなたと相手が交換します。また、先方も上司と一緒の場合は上司どうしが交換を始めたら部下どうしも交換をします。その次ぎに相手の上司と交換をします。
名刺の差し出し方は相手の胸の高さに合わせ、自分の名前を相手の方に向けて右手で差し出します。このときに左手も添えればより丁寧になります。同時交換の場合はお互い右手で差し出して左手で受け取ります。受け取ったらすぐに右手も添えましょう。
名刺を受け取るときは…
相手から名刺を受け取るときには両手を差し出し、まず右手で受けすぐに左手を添えます。胸のあたりで丁寧に受け取ります。このとき、相手の会社名や名前に指がかからないように名刺の両角を持ちましょう。また、受け取った名刺を腰から下にさげるのも失礼にあたります。
受け取ったら必ず相手の名前を確認します。読めない名前などは「失礼ですが」と一言添えてお尋ねします。勝手な判断で読み間違えや誤って覚える方が失礼です。
受け取った名刺を相手の名前も覚えずにすぐにしまってしまうのも失礼です。相手の名前を覚えるまではテーブルの上に置いておいてもかまいません。また、相手が複数の場合は相手の席順に並べておいても良いでしょう。相手の名前を覚えてから丁寧に名刺入れにしまいます。しまうときには「頂戴します」と一言添えるといいでしょう。
名刺のマナー
もし自分が名刺を取り出すのが遅れていて、相手が先に名刺を差し出した場合にはお待たせさせるよりも「お先にいただいて申し訳ありません。」と先に受け取ってしまう方が良いでしょう。
自分が名刺を差し出して、相手からは名刺をいただけない場合でも相手に名刺をもらうことを強要してはいけません。高位の人や裁判官など職種によっては出さないケースもあるのです。
受け取った名刺にその場で日付を記入したりするのはよくありません。相手の携帯電話番号やメールアドレスくらいならまだ許される範囲ですが基本的に相手から受け取った名刺に書き込みをすることはよくありません。ただ、名刺はビジネスデータでもあるので帰ってから日付や紹介者、相手や会社の情報などを書き込むのはまったくかまいません。
名刺は切らしてしまわないように常に多めに持っていたいものですが、それでも名刺を切らしてしまったときには、あいにく名刺を切らしてしまったことを相手に詫びてから会社名や名前を名乗ります。後日、詫び状を添えて自分の名刺を郵送するか次に会うときに必ず渡しましょう。
このページに関するご相談にはお応えできかねます。大変申し訳ございませんが、メールやお電話でのご連絡などはご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
  

まずは品質を実物でご確認していただけるように無料で印刷見本をご用意しています。お気軽にお申し込みください。

◇名刺交換のマナー
◇肩書きの英語表記
◇住所・電話番号の
 英語表記
◇名刺の歴史
を掲載しています。どうぞお役立てください。


めいし堂が提案する名刺を使ったテクニック。参考にしてみて下さい。

技ありのショップカードを作るなら!デザインなど参考にしてみて下さい。

Copyright(c) 2002-2011 meishi-do.All Rights Reserved.Powered by WordPress
Designed by Arms co., ltd. Produced by Shaft co.,ltd.