名刺テクニック

技ありのショップカードもご覧ください。
名刺って社会人にとっては欠かせないビジネスツールですよね。みなさんはその名刺をどのように使っていますか?せっかく名刺を持つなら、様々なシーンでもっと名刺を活躍させてあげてください。名刺は使い方次第で今よりもっと意味のあるコミュニケーションツールになります。
サンプル ビジネス
大抵ビジネスシーンで名刺を使うのは初対面の方とのご挨拶の時です。いわば名刺はあなたと一緒に、相手に第一印象を与えています。第一印象って大切ですよね。あなたが使っている名刺はあなたの会社を十分に表現できていますか?
例えば、あなたの手元に色々な会社の方々から頂戴したたくさんの名刺をお持ちなら、それらの名刺を見てみてください。全ての名刺からお相手と、その会社がどういった事業をされている会社なのか思い出せますか?もし「これは誰だったかな?」とか「ここは何してる会社だろう?」と思わせるような名刺があれば、その名刺は名刺としての役目を果たしてるとは言えませんよね。
イラスト_中国そこで再度、あなたがお使いの名刺を見直してみてください。あなたがお渡しした名刺は相手の手元にも残るものです。十分な情報を記し、あなたの記憶が相手に残る個性的な名刺こそがビジネスツールとして本当に役目を果たせている名刺ではないでしょうか。
また、今では多くの企業や商店がホームページをお持ちのようですが、あなたがお使いの名刺にはちゃんとホームページアドレスやあなたのメールアドレスが入っていますか?
ホームページを作った理由はもちろんご商売に繋がるため、ですよね。そしてせっかく作ったホームページも多くの人に見てもらわなければ意味がありません。
だったら、多くの人にお配りする名刺にホームページアドレスを入れれば、名刺も格好の宣伝材料になるのです。新しくホームページを持ったら、早速ホームページアドレスを入れた名刺を作ることをおすすめします。新しく出会う方だけでなく、普段からお会いしてる方にも再度新しい名刺をお配りすればホームページの存在をお知らせできます。更に、少しご無沙汰している方がいるようでしたら、「名刺が新しくなりましたので、ご挨拶に伺わせていただきました。」という理由でご訪問してみてはいかがでしょうか?新しいお付き合いのチャンスに繋がるかもしれません。
もちろん、すでにホームページアドレスも入った名刺をお使いの方でも、新しく名刺をお作り替えになった際には使えるテクニックです。
イラスト_中国また、宣伝効果という面から名刺を営業ツールとして考えると『写真』を入れるというのも大きな効果を持たせることが出来ます。顔写真を入れることにより、相手と別れた後も手元に残った名刺を見れば、あなたのお顔と共にあなたとお会いしたときの印象や会話の記憶が蘇ってくるでしょう。
他にも、主力商品の写真を入れておけば名刺をお渡しした時点に一目であなたの会社がどういった商品をを取り扱っている会社なのか理解していただけますので、名刺交換後のお話しもスムーズに進みます。また裏面には商品説明や特徴などを記載すれば更に大きなPR効果を持たすことができるでしょう。
ビジネスにおいては、名刺をただの自己紹介カードと考えるか、営業ツールとして扱うかによってビジネスチャンスは少なからず違いが表れます。
サンプル プライベート
名刺は必ずしもビジネスのためだけのツールではありません。最近はパソコンの普及や進歩もあってプライベート用に名刺をお作りになっている方もいらっしゃいますよね。名刺はプライベートでのコミュニケーションツールとしても活躍するのです。
プライベート用だって、せっかく作るのならインクジェットプリントなどではなく印刷の品質にもこだわりたいものです。
よく、プライベートで知り合いになった方からお仕事で使っている名刺をいただくことってありますよね。ビジネスでお知り合いになる方と、プライベートでお知り合いになる方では気分も気持ちも違うはずです。だったら、名刺だってビジネスとプライベートでは使い分けてみませんか?
プライベートでお使いになる名刺には、お仕事で使っている名刺には入っていないあなたの個人情報を詰め込んでみましょう。ご自宅の住所や電話番号、携帯電話番号、メールアドレスやお持ちならホームページアドレス、生年月日や血液型、更には趣味や大切なペットの写真など要素は無限です。またプライベート用ですからデザインだって思いっきりあなたの趣味で作れますよね。存分にあなた自身をアピールしましょう。
イラスト_中国コンパやサークルの集まり、同窓会などでプライベート用の名刺を使えば周囲にちょっと差がつきますよ。
また、プライベート用の名刺をビジネスシーンでも使ってみてはどうでしょう。もっと親しくお付き合いしたい相手にビジネス用とは別にプライベート用の名刺をお渡しすれば、相手もあなたに対して親近感を持ってくれるでしょう。
サンプル 名刺以外にも…
イラスト_中国確かに当店は店名通り「名刺屋さん」です。だけど名刺として印刷されるまでは91×55mmの真っ白な紙です。(当店は高品質な180キロのベストマット紙をご用意しています。)
このサイズの紙には名刺しか印刷できせん、なんて決まりはありません。あなたの発想次第でこのサイズの紙を名刺以外にも利用してみませんか?
お客様商売をなさっている方なら、スタンプカードやメンバーズカード、クーポンなどのチケットカード、メッセージカードなど様々なアイデアがお客様へのサービス向上に繋がります。サービスカードとはリピーター、またはレギュラーのお客様を掴むための重要なツールのひとつです。
お渡ししたカードをお客様が持っていてくれることが大切です。カードを持っていてくれるからこそ次回のご来店に繋がるのです。
では、お客様が持っていたくなるようなカードとはどんなカードでしょう。特典サービスなどの内容もそうですが、カード自体の質の良さも大切なのです。いくらお得なサービスの内容であっても、薄っぺらな紙で簡単に作ったようなカードでは、カード自体に価値を感じることができません。価値がないと思われてしまったカードでは紛失されてしまったり、処分されてしまっても仕方ありません。例えば、お客様や知人からいただいた名刺は簡単に捨てたりしませんよね?カードも名刺と同じようにきちんと作られたものであれば、カード自体に所有価値を感じるので「これは取っておこう」という心理が働くものです。良いデザインのカードなら尚更です。お客様だって、カードを持っているからこそ「カードもあるし、また行こうかな。」という気持ちになれます。せっかくサービスカードを配るならば、質の良いカードをお渡しした方がきっと顧客獲得に繋がるはずです。
  

まずは品質を実物でご確認していただけるように無料で印刷見本をご用意しています。お気軽にお申し込みください。

◇名刺交換のマナー
◇肩書きの英語表記
◇住所・電話番号の
 英語表記
◇名刺の歴史
を掲載しています。どうぞお役立てください。


めいし堂が提案する名刺を使ったテクニック。参考にしてみて下さい。

技ありのショップカードを作るなら!デザインなど参考にしてみて下さい。

Copyright(c) 2002-2011 meishi-do.All Rights Reserved.Powered by WordPress
Designed by Arms co., ltd. Produced by Shaft co.,ltd.